<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
嫁に引かれてロールケーキ
先日、嫁に連れられて、ロールケーキを買いに行きました。

田舎の小さなケーキ屋さんですが、結構美味しいと評判なんだとか・・・

新しい住宅街の入り口にありました。結構若いオーナーパティシエがやられているらしい・・・(未確認情報)

ココの「陽だまりロール」が美味しいのだと、妻が力説しておりました。

107.jpg
可愛い感じのお店構え、主婦層を狙ってか・・
104.jpg
良い感じのエクステリアですね〜〜
101.jpg
お店の入り口では彼が出迎えてくれます。
103.jpg
これが陽だまりロールです! ごくごく普通な感じなのですが・・・
食べてみると、甘さを少し控えめにして、おっちゃんが食べてもおいしかった!



興味がある方は一度召し上がれ!! 
場所は、湖国 愛荘町 旧秦荘町役場前 『手作りケーキ ルシェ ハッタ』


にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-28 16:51 | 飲んだり食べたり
日本の未来は♪ WOW WOW WOWWOW
ここ数日、ニュースでは例のお隣の傍若無人のRED MONSTER の強硬な外交と、リカバークロスしか打てない、八百長を強いられたボクサーのような、赤色幹事長が留守を預かっていた超弱国のやり取りが、とりだたされています。
考えれば考える程、おかしな話。
小学生の子供に尋ねられるも、うまく答えられない。

日本の国の代表者は日本の国と日本人を守らないのか?
世界という大きな世界では、良いか悪いかを、どちらが正しいかを決定する正当な物差しは無いのか?

子供の疑問が突き刺さる。

子供達には、人類は皆平等、自分のことだけを考えてはいけない。他人を思いやる気持。と、大人は教えていく。
私も例外ではない。
しかし、この世の中では、その理念だけではとても生き抜けない、世知辛さはれっきとして存在する。

先進国の繁栄は、それ以外の国々からの富の搾取でなされたものであるし、宗教戦争、民族戦争、自らの正義や生きる意味を守るために、人間はいつの時代も戦い殺し合い、それゆえに栄えてきた。

全く戦争を肯定する気はさらさら無いが、戦争があったから、世代間の格差は無くなって来たし、現に日本の高度経済成長など、朝鮮戦争特需など、他国の戦争による恩恵によるところが多い。

人とは生産と破壊を繰り返し、脳を肥大化させて進化していく動物なのだろう。
あわせて、その行為を忌み嫌う、俗に言う人間性を兼ね備えた、矛盾の塊のようなDNAの動物なのだ。

話はそれたが、今の日本政府の行動は、国民の利益を考えたものとは思えない。
戦後、国と言うものが力を持つことを兎に角拒んだ、この国の国民と、そういう教育をし続けた、文部省と日教組に嫌悪を感じざるを得ない。

アメリカは、公立高校では、国旗と聖書を手に、自由と正義の為に!!という誓いをさせる。
アメリカの考えが正しいとは思わないが、少なくとも、アメリカは自国の大義を学生に明示している。

一方の日本はというと、君が代を歌うとか歌わないとか、日の丸を揚げるとか掲げないとか・・・
この国はどうしたいのか、どういう国なのか、国民にも見えていない。
こんな国で本当に良いのだろうか?

自民党政権の終り頃、日本は右傾化してきていると言う人たちがいた。
私は、戦後あまりにも左翼支配が長く続いたことへの、ちょっとした揺り返しだと思うが、
今のお状況を考えると、民主党政権になり、特に今の状況になって、右傾化なんてどこにいったのか・・・

私は決して、右傾化を望まないし、戦前の体制なんてナンセンス極まりないと思う。
でも、今思うのは日本の国民は、もっと自分の国の未来を考えなければならないし、自国とその周辺の国々の近代史と現在の状況を学ぶべきである。 と思うのです。

R0010064.jpg
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-27 18:17 | 日常
秋の空〜〜
めっきり秋の空気で気持のよい日を愉しんでいます〜〜

夜、仕事先との打ち合わせ帰りに、空を見上げると綺麗な月とうろこ雲のコラボレーション。

思わずシャッターを切りましたが、あまり綺麗に撮れなかった・・・


R0011636_20100927170722.jpg
GXR A12 にて



にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-27 17:09 | 日常
夏の終わりに・・・
今年の夏の終わりは遅かった・・・

でも夏に終りを告げると一気に秋真っ只中に・・・

我が家では、この夏の締めくくりに、琵琶湖畔でキャンプをしました。


R1041583.jpg
荷物は車にパンパン
R1041584.jpg
3列目は跳ね上げて、詰めるだけ積んで・・・


秋の気配を感じながらも、まだまだ厚い9月の真ん中の連休です。

現地に着くと、オートキャンプサイトに入り、テント設営やらキッチン設置に汗だくで働きました。


R1041590.jpg
テントサイトはこんな感じ・・
R1041593.jpg
キッチンサイトはこんなもんで・・
R1041595.jpg
一応車の方もベット設置して・・
R0010692.jpg
全てが終わった頃には日も暮れ始め・・
R0010690.jpg
琵琶湖岸では家族連れのこんな風景・・



さっさと料理して、夜は家族でゆっくり過ぎ行く夏を愉しみました。

R1041607.jpg
Bigdaddyもたらふく飲みました。
R1041619.jpg
飲んだ後はテントでぐっすり・・・



朝起きると、店とはBigDaddy1人・・・
家族はみんな車のベッドで寝ていました。

BigDaddyのイビキがひどかったらしい・・・
(≧≦) ゴメンヨー


にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-27 17:05 | 旅の風景
夏休みの家族旅行 その2
わっ寝てしまった! と目が覚めた旅行2日目。

予定では、奈良から名阪を三重方面に帰りながら、上野で降りて『モクモクファーム』でビールを飲む(お前の旅行か!)
2案は、生駒を超えて大阪方面で遊ぶ・・・

さあ、ホテルの部屋でPCを開いて、再チェック。
すると、もう一つの案が・・・
これは、嫁さんが行きたがっていた所で、ボクが遠いから却下したところ・・・
『谷瀬のつり橋』in十津川村・・・・それって、殆ど和歌山ヤン(^^:

そのホテルからでも車で3時間はくだらない場所、しかもかなりの山越え・・・
でも、家族の目は光っている・・・
ここで、ダメだしではBigDaddyの名が廃るというもの・・・

で、結局 十津川村へ・・・

遠かった〜〜〜しかも・・・

着いたつり橋付近は、ゲリラ豪雨中(@@
参った・・・これは参った・・・
しかも、ココまで来た道は遠いだけではなく、山の中のクネクネ道・・・
しかも、こわ〜〜いトンネル多数・・・
霊感の強い嫁さんは、『あっ』『おっ』と助手席で言っていた・・・

R1041140.jpg
GRD3にて撮影
R0010605.jpg
GXR A12にて撮影


こんな中来たんだから、せめてちゃんと渡りたい!!!!
で、待つこと1時間。

R0010583.jpg


少し小降りになった隙に・・・

R1041113.jpg


渡りました・・・子供達は(^^;

R1041133.jpg


親は半分まで・・・

R1041115.jpg


また、雨に晒されて、ちっちゃイのがいるので断念。

結局ココだけで2日目終了。
それでも、家に着いたのは夜の10時・・・

次の日仕事〜〜〜〜ひゃ〜〜〜

という、家族旅行でした。


でも、帰りに良いところ発見。

R0010612.jpg


星のくに! (一番最後に貼っておきました)
時間が出来たら一度行きたいです(夜にね)
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-17 22:30 | 旅の風景
夏休みの家族旅行 その1
不景気の真っ只中、それでも子供達はどこかに連れて行ってやりたいのが親心。
もちろん大した所に連れて行ってやれる訳も無く、あ〜でも無いこ〜でも無いと家族会議。

そんなこんなで今年の行き先は、奈良!
ちょうど平城京遷都1300年記念祭中ということで、込むことは覚悟のうえ、それでもまあ安く上げようと近畿で・・・(^^;

子供達はというと、結構楽しみにしている様子。
大仏のことをいろいろ聞いてきます。
鹿にせんべいをやる妄想もしている様子。

今回、前々回のエントリーでもお話したように、車中泊を試してみようと言うことになり、前ノリで針インターすぐの道の駅へ・・・
ここは、車中泊にはもってこいの大きい道の駅。
行ってみると、Pキャンパーたちが一杯いました。
そこで、何とか就寝し、朝早くからイザ鎌倉ならぬイザ奈良公園へ!!

奈良公園付近の駐車場は、まだ早い時間なのに一杯。
結局、春日大社近くの駐車場へ駐車して、東大寺へテクテク炎天下をベビーカーを押しながら・・・(^^;
もうしんどい・・・

思えば小学校5年生以来、仕事で奈良へは何度か来ているものの、観光しているわけではないので、超久々の奈良公園。
春日大社も東大寺も記憶の片隅から掘り起こそうにも・・・薄っすらしか・・・

子供達は鹿に興奮し、鹿せんべいを買えとうるさい状態。
一番下の女の子は、鹿を指差して『ワンワン!ワンワン!』を繰り返し、暑さにヨレヨレのボクと嫁。

それでも何とか大仏の前にたどり着くと、流石に荘厳としたその雰囲気にしばし暑さを忘れ、子供達と一緒に感動しきり・・・
大仏の裏側へと進路を歩き、そうそう、鼻の穴と同じ大きさの穴がたしか・・・と見渡すと、少しの行列が・・・

こんな小さかったっけ、と思うほどの柱に空いた穴に、子供がすいすいと、大人が四苦八苦しながら通っていました。
うちの子供も列に並んで通りましたが、あれって何かご利益あったんだろうか・・・

さて、東大寺で大仏をじっくり観察した後は、鹿と戯れ若草山へ行き・・・というプランだったのですが・・・
もう既に、みんな心が折れておりました。
子供達は、『暑い〜〜カキ氷食わせろ〜〜』嫁は下の子に手を取られ、父は汗だくのこの構図。

兎に角このままではどうしようもない、とりあえず車に帰ろうと思うが、子供達も動かない。
そこで・・・ 人力車!!
子供達を人力車に乗せて、駐車場まで! 親はベビーカーと荷物を持って走る!!!

これで何とか原点復帰できましたが、昇り道とはいえ1km足らずの距離で3,000円也。
人力車の相場など皆目見当も付かず、高いのやら安いのやら判らぬまま、車へ。

とりあえず車のクーラーを全開にして、暫く休憩。

「さあ! 行こうか!」 と誰も言わず。
ぐったりの中、子供達が『もういいから、プール行こ』
そうするか〜〜 と言うことで、奈良公園観光あっさり終了!

実は、計画時に子供達にプールに行こうと話していて・・・
と言うのも、奈良ドリームランドが閉園していることを、知らず・・・
だって、HP残ってるし・・・
検索したらYahoo!の広告欄には「JTBならドリームランドへ行こう」と言う文字もちらほら・・・

閉演を出発1日前に気づき(アホや)
プールの存在を肯定するにはと、苦肉の策が『奈良健康ランド』
これを、高級リゾート地だと言い張り、世間知らずの子供達から歓喜の声をあげさせるこのセールストーク!(我ながら素晴らしい)

結局予定よりかなり早めに奈良健康ランドに着き、結局ソコで4時間以上プールで流されまくり、ヘトヘトになって風呂に入り、ビールをアオリ・・・
この日も車中泊をするつもりが、子供達から「お父さんのイビキがうるさいから部屋を取れ」と言われて、急遽ホテルを取りチェックインし家族で爆睡。

結局ドタバタの1日目が終わったのでした。

R0010491.jpg
GXR P10にて撮影


写真はまだまだあります。続きを見てね

にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪

More
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-17 02:14 | 旅の風景
正義の見方
民主党の代表戦も終わって、日本も大事な時なんですけどね〜〜
なんかパッとしませんね。この国の指導者達・・・

仮面ライダー、ウルトラマン の初代リアルタイム世代の私達の世代は、正義の味方と言う言葉が好きだ。
絶対懲悪の構図が刷り込まれたぼく達の世代は、プロレスも好きだし、時代劇にも親しみを感じる。

でも、現実の社会では『正義』の定義が判らない。
現在の全ての面における多様化の時代に、己の正義が皆の正義のはずも無かろうが・・・

個人の正義、民主党政府の正義、自民党政府時代の正義、、検察の正義、霞ヶ関の正義、連合の正義、共産党の正義、全国特定郵便局長会の正義、キリスト教社会の正義、イスラム教世界の正義、ユダヤの正義、日本新道の正義、仏教会の正義、新興宗教の正義ボクの正義、貴方の正義 どれも正義であり、どれもナンセンスだ。

世界平和、戦争の無い社会、人類が手と手を取って生きていく世界。
ストーリーの中での表現。テレビコマーシャルや左翼団体のキャッチフレーズ?

ぼくらの世代は、戦争の何たるかも教えてもらえず、前の戦争の事実も知らず、ただ、ひたすら日本は悪い戦争をして負けたと繰り返し教えられた。
実際に戦争を戦ってきた先人達は、ひたすらに口をつぐみ、細かい体験だけを断片的にぼくらに伝え。
この国は、徐々に正義を失った・・・

ぼくらが学生の頃は、学校の先生にあの「朝日新聞」の「天声人語」を読めと言われ、朝日新聞こそ1番の新聞のように刷り込まれ、また高校時代、書道の時間の机には「赤旗新聞」敷かれていた。
まさに、左よりの時代に様々な教えを乞うたぼくたちは、いまだに平和ボケしているところがある。

例えば、現在の中国との問題、実はとんでもなく深刻な問題であり、今後10年ほどを左右するアジアの覇権争いの基点となる問題を、国民はあまり考えない。
国連が善意の組織であるかのように勘違いしている国民と、兎に角、大きな問題にならなければ良いという政治家達の下で、アメリカの傘の中で、ひたすら小銭をかき集めて来た日本。

正義は一つではないと言うことと、国レベルでは、日本人が好む『いい人って言われたい』では、資源も無く核も持たない日本が、今後20世紀後半のような反映を再現することは、100%無いことを自覚すべきだ。

国の指導者は、民意を大事にする必要はあると思うが、マスコミの報道や様々なくだらないものに左右する大衆に迎合することなく、ひたすら国の為に奉仕してもらいたい。
それこそが、今の日本の正義の味方だ。

(「国の為に」に反応した人、左方向に洗脳されてますよ。国家主権は国民の日本では、国の為=国民の為です。)

写真は東尋坊
SDIM0349.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-16 15:27 | 四方山話
C25セレナ車中泊用手作り2段ベッド つづき
さて、前エントリーでお話した、DIYベッドをどうやって作るのか、ネットで下のサイトを見て参考にしました。
http://www.mnet.ne.jp/~mituharu/bed.html
http://www.geocities.jp/hiroppy_papa/voxy/voxy_bed.html

ホームセンターで材料を買いいざ!!

イレクターとジョイントで部品を作成します。
寸法は実測でキッチリ測り作成しました。
セレナの構造上、組み立てた状態で車内に持ち込むことはこんなんなので、車内で組み立てられるように、接着しない部品もあります。
R1041550.jpg

この部品を組み立てるとこんな感じに・・・

R1041551.jpg

これを車の後部に設置して、その上に板を置く要領です。

板の部分を作成します。

R1041554.jpg

持ち運びがしやすいように、板の部分も分割して必要時に組み立てられるように・・・
その上に、繋ぎ合わせられる、クッションフロアを貼り付けることにしました。

R1041555.jpg

クッションフロアのつなぎ目をうまく使って設置後、板同士がずれないようにします。
それと、設置した後、木が直接車の内装に当たらないように、クッションフロアはいたより少し大きめにカットします。

R1041557.jpg

木工用ボンドでしっかりと接着します。

R1041558.jpg

更に、しっかり固定できるように、裏にマジックテープを装着、これでキッチリ固定できます。

それでは、車に設置です。

R1041560.jpg

まず、一番大きい部品を車の最後部のピラー部に設置(車の中でイレクターを繋ぎます。)

R1041562.jpg

車を傷つけないように&しっかり固定するため、ウレタンの部品を挟み込みます。

R1041563.jpg

こういう奴です。
ここで注意は、セレナのこの部分は完全な直線で構成されていないので、この部品はウレタンの厚いのと薄いの2っ種類を使い調整します。

R1041564.jpg

続いて、強度アップのためのパーツをはめ込みます。

R1041565.jpg

そして、バックドアの部分に当たる部品をはめ込みます。真ん中にゴムの部品をつけています。(車保護のため)
ココまではバックドアを開けて作業できますが、ココからは閉めて車内での作業になります。

R1041571.jpg

さっき付けた部品が閉めたドアにこのように乗ります。

R1041573.jpg

板の部分を設置、裏のマジックテープをしっかりと留めます。

R1041580.jpg

これで、完成。
強度は、70kgくらいまで楽々大丈夫です。
不安なら、下方向に骨組みを足せば、更に強度は増します。

この上に、マットや布団を引けば十分子供2人寝られます。(高学年になれば1人かな)

これで、親子5人は車中泊出来そうです。
遠出の時、夜の間に距離を稼いで、現地近くの道の駅などで車中泊すると、朝早くから現地で活動できるのでいいですよ!!

車中泊は今はやりなので、ググッて見てください。いろんな情報がありますよ!!
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-14 03:52 | 日常
C25セレナ 車中泊用 2段ベッド DIY
日曜大工 DIY よき父親の代名詞のような言葉です。
しかし、どちらかと言うと苦手な分野・・・
アイデアや方法は考えたりできるのだが、切ったり削ったりはどうも苦手・・・
そんな私が、久々にDIYで作成したのが、車中泊用2段ベッド・・・

子沢山の我が家では、ちょっと遠出がなかなか大変、お金も時間もかかります。
そこで、考えたのが、今巷で話題の『Pキャンプ』『車中泊』

我が家の愛車はC25セレナ、よくあるファリーユースのミニバンです。
8人載りのこの車、5ナンバーなのに広くて、良く走り、シートアレンジも豊富でいい車です。

この車に車中伯するために、まずいくつかのグッズを購入。

フルフラット時の段差を解消する『タイラー君』と、車中泊用マット『ラウンジマール』、そして、プライバシーカーテン代わりの『プライバシー・サンシェード』など・・・

これで、快適な車中泊ができる予定でした。
まあ、私以外は出来たのです・・・

DSCF2818.jpg



セレナではこれにプラス、嫁さんで精一杯です。
子供3人に大人2人はなかなか無理みたい・・

そこで、DIYと言うことになるのです♪

R1041580.jpg


これがを作ろうと言うことです。

にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-13 23:56 | 日常
WildFlower
つい最近同窓会があった・・・
15の頃の友達たちとつかの間のひと時、
皆、大人になって、自分の人生をしっかり生きている。
すごいな〜〜 本当にそう思った。
自分も、いろいろあったけど、雑草魂で負けずに頑張ろう。

この暑さに負けずに咲いている、草や木や花のように・・・

R0010367_20100902165950.jpg
GXR A12で撮影  東近江市マーガレットステーションにて
R0010388.jpg



今お気に入りの歌、『WILD FLOWER』 頑張る人への応援歌です。
志帆ちゃんの綴る歌詞と、突き抜ける声に元気を貰います。

音量に注意!!


Superfly - Wildflower
アップロード者 masa37610. - 音楽動画をHD画質でもっと見る!


果てまで続く 坂道を登る途中で
アスファルト揺らす陽炎 ゆらゆら

不気味な太陽 容赦ない強さで 今日も照らしてる
枯れないように 倒れぬように 奮い立たせる

幼きころは わけもなくまっすぐ歩いて
いつからかそれなりの理由 みつけた

運命だろうか? 夢か使命か? わからないまま
時折懸命に 悩みながら 知ってく 私を

咲き誇れ Wildflower 荒野のど真ん中で
過ぎ去っていく毎日に 根を張り 生きる
どこまでも 探してる 一粒の涙を
静かに 深く呼吸をして また 歩き出す

月と通り雨 乾いてた喉を潤し
静寂に 心委ねて 眠ろう

苛立つ感情は 夜に沈めて 捨て去ってしまおう
曇らぬように 信じながら 朝を待ってる

咲き誇れ Wildflower にじんだ空の下で
凍えた心を 抱きしめて 誓う
たくましく ひたむきな 私に生まれ変わる
静かに 深く呼吸をして また 歩き出す

同じ涙流すなら 喜びの涙を
大地を伝い そしてまた強くなる きっと

咲き誇れ Wildflower 荒野のど真ん中で
いつまでも輝けるように 根強く生きるんだ
どこまでも 探してる 一粒の涙を
目を閉じて ひとつ呼吸をして また歩き出そう

にほんブログ村 写真ブログへ素敵なPhotoブログ満載のにほんブログ村ランキングに参加中♪
[PR]
by bigdaddy1967 | 2010-09-02 17:05 | 日常